渡慶次 彩

渡慶次 彩

Aya Tokeshi

助産師 | 勤続年数4年

産婦人科病棟にて助産師として勤務しております。助産師は外来での保健指導やバースプラン、分娩介助、産後の母親へ授乳支援や育児支援などを行っています。現在は新人教育や助産実習担当として新人や学生の指導を行っています。

渡慶次彩写真

今の職業に就こうと思ったきっかけがあれば教えて下さい。

助産師という職業を知ったのは大学へ入学してからでした。母性看護実習で分娩見学をさせて頂き、赤ちゃんが生まれた瞬間の感動が忘れられず、喜びや感動のお手伝いをできる助産師って凄いな、かっこいいと思ったのがきっかけです。

友愛会で働くきっかけを教えてください

助産師実習を当院でさせて頂いたことがきっかけです。当院では砕石位の分娩だけでなく、側臥位や四つん這い分娩などのフリースタイル分娩を取り入れている事や助産師主体で医師と相談しながら分娩介助が行える事、1年目より助産師として配属され病棟・外来業務も経験できることが魅力でした。

職場の環境(働く環境)について教えてください

スタッフ間の仲も良いため先輩や上司への相談がしやすいです。日々の業務や委員会活動は大変ですが、連休も取れるので定期的にリフレッシュしやすい環境です。
また、医師とはカンファレンスだけでなく普段から和気あいあいとコミュニケーションを取り合い、相談しやすい環境です。

印象に残っている出来事について教えてください

色々ありますが、産科というとハッピーなイメージが多いですが、流産や死産を経験する方もいます。「こんな思いするなら妊娠はもういいかな」という患者さんの言葉や、ご主人の悲嘆する姿をみて十分な声かけができず力不足を感じ悔しい思いをしたことを覚えています。今後はグリーフケアを通して患者さんや家族との関わりを学んで行きたいと思います。

やりがいを感じるのはどういう時ですか

ママと赤ちゃんが元気に退院した時や自分が取り上げた赤ちゃんが大きく成長している姿をみれたり、リピーターとして次子を妊娠してきた時にとても嬉しくやりがいを感じます。また、なかなか自分の思いなどを表出しない方が関わっていく中で心を開いて自身の話をしてくれるようになったり、自分から声をかけてくれると、嬉しくなります。

休日はどのように過ごしていますか

休日は1人でショッピングやジムに通ったり、同期や先輩、友人とご飯や飲み会をして過ごしています。年に1,2回はフルマラソンに出場しています。リフレッシュ休暇や休日を利用して旅行も行きます。

プロフェッショナルとして心がけていることを教えてください

“出産“という産婦とその家族の一大イベントに関わらせてもらうため、産婦や家族にとって、ここで産んでよかったと思って頂けるように意向や気持ちに寄り添えるように心がけています。また、ママと赤ちゃんの2人の命を預かる責任の重さを背負いつつ、程よい緊張感で業務に取り組んでいます。

今後の目標(夢)を教えてください

6年目にアドバンス助産師を取得することが目標です。現在はまだ得意分野や伸ばしたい分野というのが明確ではないので、様々な研修などに参加していきたいと思います。

友愛会で働こうと考えている方にメッセージをお願いします

当院は急性期や慢性期、在宅に至るまでの様々な過程にある患者と関わり、学ぶことができる事が魅力だと思います。また来年度には新病院の移転も控えています。綺麗で景色の良い環境で働ける事を私自身も楽しみにしています。ぜひ、一緒に働き共に成長していきましょう。

ENTRY

医療技術者

事務・その他