看護職

当院で働くスタッフの声

スタッフの声 1

助産師 豊見城中央病院 4階産婦人科病棟 神村 彩乃

一番のやりがいは

産婦人科病棟で助産師として働いています。”助産師”は出産の際の手助けもそうですが、産後の回復を促すケアや育児技術習得のために指導も行います。また、赤ちゃんや婦人科疾患の患者様への看護も行います。
私が入職を決めた理由は、学生時の助産実習で熱心に指導してくれる先輩方やドクター、イキイキとした職場の雰囲気に魅かれ『ここで働きたい!』と思い就職しました。
大変なこと、難しいと感じることは多いですが、患者様の笑顔と”ありがとう”の言葉にとてもやりがいを感じています。

スタッフの声 2

看護師 南部病院 3階北病棟勤務 前川 聡

自分が受けたい援助を提供する

一般の緩和ケア対応病棟で癌の患者さんへの痛みの緩和、精神的ケア・家族ケアなどを行っています。
入職したきっかけは緑が多く海が見えるロケーションと職場の雰囲気に魅かれ、「自分が成長できる病院」だと思い就職しました。
最初の1年間はローテンションで様々な病棟で働くので、自分にあった成長できる診療科を探すことができます。
当院は自分のペースで成長したい人にとって働きやすい環境だと思います。「自分の受けたい援助を患者さんへ提供する」ことを忘れずこれからも仕事に取り組んでいきたいと思います。

スタッフの声 3

看護師 豊見城中央病院 7階病棟勤務 近藤 美恵子

仕事もプライベートも充実できる環境

個室病棟でリハビリテーション期の患者様を担当しています。また、最近では一人の患者様の入院から退院までを受け持つプライマリーを経験し、やりがいを感じながら取り組んでいます。
私はマリンスポーツが趣味なので沖縄での就職を希望していました。そんなとき、就職セミナーで友愛会の地域に根ざした医療の実践と教育体制が充実していることを知り、就職しました。
友愛会は、コミュニケーションが活発で、他職種との連帯感が強いところが特徴です。また、スタッフ全員で新人を育ててくれる環境があります。沖縄で、友愛会で、仕事もプライベートも充実してみませんか?

ページトップへ戻る